Googleの404ジャック機能

機能?と言っていいのか分かりませんが、Google Toolbarで、404を乗っ取る機能が実装されていたことに気付きました。

普通のブラウザでは、404になったときに、サーバが返してくる404ページを表示し、無かった場合にブラウザが用意する404ページを表示します。
ところがGoogle Toolbarを入れた状態だと、404ステータスを受け取った瞬間(一瞬サーバの404が表示されますが)、Googleの用意する404ページにリダイレクトしてしまう、という機能です。

Googleによれば「リダイレクトで悪意のあるページに飛ばされる危険性を未然に防いであげているのだ」ということらしいんですが、これはちょっと余計なお世話なんじゃないでしょうか…。
普通のユーザーなら気にならないのかもしれませんが、404ページまでちゃんと作っている真面目なWeb屋としては、ちょっと「何してくれちゃってんの」という気になりますね。

今は一応ちゃんと回避方法も用意されています。よかったよかった…。

回避方法

検索ボックス: ナビゲーション エラー時のヒント
印刷

ユーザーが開こうとしているウェブページが見つからない場合、ツールバーはヒントを表示します。リンク切れのページに移動した場合、空の 404 ページの代わりにウェブサイトの他の部分へのナビゲーションのヒント、または Google を使用したページ検索が表示されます。

ウェブサイトに 512 バイト以上のカスタマイズされた 404 ページが存在する場合、ツールバーはヒントを表示しません。
インターネット ブラウジングの問題のトラブルシューティング

1. キャッシュと Cookie を消去する手順については、次のヘルプセンターの記事をご覧ください。
2. Windows の問題のトラブルシューティングは、次のMicrosoft サポート オンラインの記事をご覧ください。
3. コンピュータをスキャンして悪質なソフトウェアを取り除いてください。無料ツールのダウンロード方法の詳細やリンクについては、次のヘルプセンターの記事をご覧ください。

ナビゲーション エラーのヒントを有効または無効にする

1. ツールバーのレンチ レンチアイコンをクリックします。
2. [検索] タブの [正しい URL の候補を表示する] をオンまたはオフにします。
3. [保存] をクリックします。

ナビゲーション エラー時のヒント : 検索ボックス – ツールバー ヘルプ

広告

About: adminuser


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *