Linuxのhistoryコマンドで特定の履歴を削除するオプション

自分の打ったコマンド履歴の確認コマンド「history」から、特定の履歴だけを削除する方法です。

 hitory -d [history行番号] 

使用例

history -d 555

「あ!しまった!su – した後に、誤ってrootのパスワードをコマンドとして入力として入力してしまった!」
とか、
「こんな恥ずかしいタイプミスは抹消したい!」
といったときに使えますね。

ただし、「えーっと。historyのオプション…クリアだったっけな?」と「history -c 」をやってしまうと、history履歴が全部消えるのでご注意ください。「-c (clear)」ではなく「-d (delete)」です。

historyの主なオプション

短いオプション意味
整数値履歴の末尾から指定した行数分を表示する
-c履歴一覧から全ての項目を削除する
-d 番号指定した番号の履歴項目を削除する
-a履歴ファイルに現在のセッションの履歴を追加する
-n履歴ファイルからまだ読み込まれていない行を全て読み込む
-r ファイル履歴ファイルを読み込み、内容を履歴一覧に追加する
-w ファイル現在の履歴を履歴ファイルに上書きする


広告

About: adminuser


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *