viのアンドゥ・リドゥ

viで編集しているとき、間違ったときはUで戻せる(Undo)。
ではUで戻しすぎたときは…?
というのがよく分からなくなるのでメモ。
あとは十字キーではなく、文字でのカーソル移動。

aaaaaaah カーソルを左へ移動する。
j カーソルを下へ移動する。
k カーソルを上へ移動する。
l(エル) カーソルを右へ移動する。
u UNDO。変更を元に戻す。
Ctrl + r Redo。「u」で戻しすぎた変更を元に戻す。

viキー操作メモ(Hishidama’s vi Memo)

広告

About: adminuser


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *