Evernoteの「同期エラー」解決方法

2012年3月3日頃からログインできなくなった方は、こちらをご覧ください。
3月3日からEVERNOTEの同期ができなくなっている件 | Weblogy

Evernoteで「同期エラー」になった場合どうするか。

エラーの原因は、

ツール→オプション→全般

の「ログフォルダを開く」である程度類推することができる。

たいていの場合は、Webページをクリップした際などに、クライアントでは保存できるけど、データベースに保存できないデータが混入されていた場合に発生している。

同期エラーになったノートは、

Unsynced Notes」というノートブックにまとめて格納されているはずだ。

Web版に問題のノートをコピペして保存

これらを、Web版のEvernoteを開いて、新規ノートとしてコピペして保存する。ここで、サーバー上で保存できないデータは切り捨てて保存されるので問題は発生しなくなる。

保存できたら、「Unsynced Notes」にあるエラーノートは削除する。

広告

データベースを全削除して解決

ローカルのデータベースを一旦削除して、再同期でDLするという荒療治しかない。

先ほどと同様

ツール→オプション→全般

で、「データベースフォルダを開く」というリンクがある。

フォルダを開いたら、一旦Evernoteは終了させる。

次に、 データベースフォルダ内にある ****.exb と ***.exb.thumbnails の2ファイルを削除する。(不安な人はバックアップを取っておいて)

削除したら、再度Evernoteを起動する。パスワードを入力したら同期が始まる。しばらく待てば元通り、のはず。

ただし、この場合ローカルノートとして保存されていた「Unsynced Notes」の中のノートは全て消失してしまうので注意が必要だ。

About: dacelo


2 thoughts on “Evernoteの「同期エラー」解決方法”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *