adduser で補助ユーザーを作成する

社内の複数人数で使っているサーバーで、共通のディレクトリを編集する、共通グループの補助的なユーザーを作成したいときのコマンドです。
ユーザーとしては別れていた方がいいんだけど、専用のディレクトリを持たせたりはしたくない。そんなときはこれです。
同じログイン情報を複数人数で使い回すのは、セキュリティの観点からも、事故が発生した際の犯人捜し(笑)の観点からもオススメいたしません!

例:commonというユーザーグループに新しいユーザーを居候させる場合

adduser -d /home/common/project -G common -M ユーザー名

オプション解説

-d ホームディレクトリを指定。(最後のスラッシュは不要)
-G 補助グループを共有したいグループに指定。(小文字の-gだと、メイングループの指定になるので注意。)
-M ユーザーの固有ホームディレクトリを作成しない

オプションを指定してから、最後にユーザー名です。

ユーザー作成後にすること

1.パスワードの設定

ユーザー作成後は、パスワードを指定するのをお忘れなく。

2.ディレクトリの権限

所属する主グループの管理するディレクトリに、グループ権限の読み込み許可を与える。

広告

chmod g+rwx /home/common

3.bash関連のコピー

このままだと操作しづらいので、主グループのbash関連設定ファイルをホームディレクトリにしたところにコピーする。
例の場合だと

cp /home/common/.bash*   /home/common/project/

でOK。

About: adminuser


2 thoughts on “adduser で補助ユーザーを作成する”

  1. Pingback: dacelo

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *