WordPress.orgから消えたテーマはSEOスパム

筆者がWordPressテーマの作成に取り組み始めたのは、年が明けてからなので、実はこの事件のことは知らなかったのですが、昨年末にWordPress.orgのテーマディレクトリから、200種類以上が一気に削除されるという大粛正事件があったそうです。

責任者によると、これはSEOスパム等に対する処分措置とのこと。

200種類のテーマ(テンプレートセット)が突然、WordPress.org(ワードプレスドットオーグ)のテーマ・ディレクトリから姿を消し、騒ぎが起きている。ジャスティン・タドロック氏とSpectacu.laの両氏は、この件に関して、言いたいことが山ほどあるようだ。

私はマット・ムレンウェグ氏に連絡を取って理由を尋ねてみた。同氏は、今回の大規模な追放劇の理由として、スパムまがいのSEOのリンクが大量に張られていること、そして、ディレクトリにホスティングする条件の一つである、GPLの違反が行われていることを挙げていた。
「WordPress.org」から消えたテンプレート、マット・ムレンウェグ氏が理由を説明 at ブログヘラルド

実は最近登録申請したテーマに対して、WordPress.orgから「このフッターのリンクはSEOingではないのか」という物言いがついて、一時公開が許可されなかったんですが、これは結構危ない状況だったのかも知れません。

また、SEOスパムと同様に、GPL違反、著作権表示削除の問題もあります。

特に商用利用している方にとって著作権ほど邪魔なものは有りませんが、

WordPressのような高度な技術をオープンソース化してくれている事に感謝を込めて

著作権表示をしましょう。
セルフSEO対策ブログ/素人は素人に学べ : WordPress.orgから200種ものテーマが削除されたのはSEOスパムが原因

これは既存テーマを流用してテーマを作成、オリジナルの著作権表示を削除する、というような海賊テーマ作成者に対する警告措置でしょうね。
しかし、テーマ作成者側になってみると、テーマ利用者が著作権表示を削除することが多いのにも気付かされます。
(自分作ったテーマ名で毎日Google検索をしています…へへ…)
物理的に消すことが可能な以上、消してしまう人がいるのはしょうがないんですけど、なるべくなら消さないでおいて欲しいですねー。

広告

About: adminuser


1 thought on “WordPress.orgから消えたテーマはSEOスパム”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *